寝汗がものすごくて最悪でした!

私はよく寝汗をかきます。

なぜか寒い季節に、羽毛布団や厚手の毛布で寝ている時に限って、よく寝汗をかきます。

日によって汗をかく日もあれば、全くかかない日もあるのですが、理由は自分でもよくわかりません。

ストレスが原因かも知れませんが、分かりません。

今朝は今季最大級の寝汗をかいて、パジャマや下着、枕カバーまでもがジットリと湿った状態になっていました。

その不快はこの上なく、5時過ぎに目が覚めてしまいました。

当然まだまだ眠かったのですが、湿った状態のまま寝ていたら、身体が冷えて体調を崩すことは分かっています。

仕方なく布団から出て、タンスから別のパジャマを出してきて着替えました。

下着も何もかも、全部着替えました。

いつもの起床時間まで、まだ1時間程あったので、もう一度眠るべく布団に入ったのです。

ですが、最悪なことに今季最大級の私の寝汗は、布団カバーまでもを湿らせていました。

羽毛布団の顔に当たる部分が少しシットリと冷たく、それを解決する為に、また嫌々布団から出てタンスに向かい、バスタオルを持ってくるハメになりました。

バスタオルをマフラーみたいに、顔周りに巻いて寝ました。

でも、布団から出たり入ったりバタバタしてるうちに、何となく目が覚めてしまったのか、その後はなかなか眠ることが出来ませんでした。

ちょっとウトウトしたと思ったら、すぐに目覚まし時計に起こされました。

そのため、最悪な気分で一日がはじまりました。

布団カバーにシーツに着替えたパジャマにバスタオル、寝汗のせいで洗濯物が山のようになっています。

これって今日中に乾くかなあ?

布団も乾燥機かけないと駄目だし、今日は余計な仕事がいっぱい出来てしまいました。

身体も冷えたのか、若干風邪気味ですが、加齢臭対策サプリメントを飲んでいるので臭くはありません。

あぁ、寝汗をかかない体質になりたいです。

 

 

日常の日々に奮闘する主婦の毎日

毎日朝起きて、お弁当を作り、仕事へ行って、クタクタになりながら自転車を漕いで、
家に着けば、旦那と子供が「ご飯、ご飯」と騒いでる。

すぐ夕食作りに取りかかり、やっと椅子に座れてご飯を食べて、お風呂に入って就寝。また明日がやってきてその繰り返し。

自転車で仕事先に向かいながら、「何だかな」とため息。毎日の同じ日常にやりきれなくなり、私、今自分の足で歩いているのかとふとすごく不安になったりする。

そのうちいい事あるさ、と頑張っているとラッキーな事が起きてくる。

些細な事だけどそれが続くと生活にもハリが出てくる。

それを私は運の付きがやってきたと思っているが、しばらく運のいいことが続いている。

そんな時は仕事でも頑張れるし、家の雑用も苦にならない。

テンション上がっていると、元気になれるよね。

それが最近いい事のチャンスが来たぞと期待させておいて、駄目になり、またチャンスが来て駄目になりの繰り返しで、心が一喜一憂で振り回されています。

またいい出来事もあるさと自分を奮い立たせて頑張る毎日。

何だか日常に振り回されているけど、そうやって1年があっという間に過ぎていきます。

苦しい時は心も弱るけど、楽しいときは元気になれる。

「何とかなるさ」と前向きに生活していると案外平凡な日常も楽しいものだ。

小さな幸せやハプニングは毎日起きているのかもしれない。

そう思いながら毎日を家族と共に暮らしています。

日々の生活を大切にってこういう事なのかもしれないなって思う今日この頃です。