暑いのか寒いのかわからない時の服装

陽射しの力強さに、もう夏だなと感じる今日この頃です。

いくらなんでも、秋冬物のインナーを着る時期ではありませんが、家の北側の部屋に居るので、午前中は寒いくらいです。

冷えは美容と健康に良くないと聞きます。

健康第一なので、服の下にババシャツやタイツを着込んでみました。

そのまま買い物に出掛けたら、暑いし汗もかいてしまって、やっぱりダメです。

着替えに時間がかかるし、洗濯物が増えるしで、さんざんです。

そこで、服装は薄着にして、寒い時には上からショールを羽織ることにしました。

ショールは、何枚も持っています。

秋や春になる度に、欲しくなって買うからで、それでいつも失敗しています。

ショールくらい、行動の邪魔になる衣類はありません。

格好よく羽織っても、歩いたとたんにズルズルと滑って変な形になってしまうし、羽織ったまま食べたり飲んだりしたら、真っ先に汚れます。

そんな厄介なショールですが、この季節のデスクワークでは役に立つようです。

肌寒い時に適当に羽織って、席を立つときには椅子に置いておけば良いのです。

これで肩や背中の、冷え対策はできました。

次に問題なのが、脚の冷えです。

冬の間、タイツの上に着用していたレッグウォーマーを、タイツを穿かずに着用してみましたがダメでした。

四六時中ずり落ちてきて、邪魔で仕方がありません。

かと言って、こんな季節にタイツを履くのは暑苦しいし、困ってしまいます。

口臭も気になる女性だけど、長い靴下でも買おうかな、と思案中です。