日常の日々に奮闘する主婦の毎日

毎日朝起きて、お弁当を作り、仕事へ行って、クタクタになりながら自転車を漕いで、
家に着けば、旦那と子供が「ご飯、ご飯」と騒いでる。

すぐ夕食作りに取りかかり、やっと椅子に座れてご飯を食べて、お風呂に入って就寝。また明日がやってきてその繰り返し。

自転車で仕事先に向かいながら、「何だかな」とため息。毎日の同じ日常にやりきれなくなり、私、今自分の足で歩いているのかとふとすごく不安になったりする。

そのうちいい事あるさ、と頑張っているとラッキーな事が起きてくる。

些細な事だけどそれが続くと生活にもハリが出てくる。

それを私は運の付きがやってきたと思っているが、しばらく運のいいことが続いている。

そんな時は仕事でも頑張れるし、家の雑用も苦にならない。

テンション上がっていると、元気になれるよね。

それが最近いい事のチャンスが来たぞと期待させておいて、駄目になり、またチャンスが来て駄目になりの繰り返しで、心が一喜一憂で振り回されています。

またいい出来事もあるさと自分を奮い立たせて頑張る毎日。

何だか日常に振り回されているけど、そうやって1年があっという間に過ぎていきます。

苦しい時は心も弱るけど、楽しいときは元気になれる。

「何とかなるさ」と前向きに生活していると案外平凡な日常も楽しいものだ。

小さな幸せやハプニングは毎日起きているのかもしれない。

そう思いながら毎日を家族と共に暮らしています。

日々の生活を大切にってこういう事なのかもしれないなって思う今日この頃です。